被占領地向け国営テレビ局、民間4局とコンテンツ面で協力 大統領の元所属スタジオの作品も

被占領地向け国営テレビ局、民間4局とコンテンツ面で協力 大統領の元所属スタジオの作品も

ウクルインフォルム
被占領地向け国営テレビ局「家」のコンテンツは、4つの民間メディアグループが提供していく。

2日、キリロ・ティモシェンコ大統領府副長官が、ウクルインフォルムにて開催された被占領地向けテレビ放送に関するコンセプト・プレゼンテーションの際に発言した。

ティモシェンコ副長官は、「同局が協議し、現在協力しているのは、メディアグループ『スターライトメディア』、『1+1』、『ウクライナ』、『インテル』だ。この4つのメディアグループと合意に達し、家局との協力に関する覚書が達成された。今後、複数の国際放送ともコンテンツ提供のための協力もしていく」と発言した。

最高会議の人文・情報政策委員会のミキータ・ポトゥライェウ副委員長(人民奉仕者党)は、これら民間4局は娯楽コンテンツの提供のみを行なうと述べ、「つまり、4つのメディアグループは家局の情報政策には影響力を持たない。娯楽コンテンツのみである」と指摘した。

また、家局の基盤となるUATV局の総裁代行を務めるユリヤ・オストロウシカ氏は、家局のコンテンツの約15%は、ゼレンシキー大統領が以前所属していた「第95街区」スタジオの制作したものとなると発言した。同氏は、「もちろん第95街区の作品もある。なぜなら、同スタジオのコンテンツは、非常に人気があり、(ドンバス地方が占領されるまで)愛されてきたからだ。私は、今でもその血で人気が出ると期待している」と発言した。

なお同日、ユリヤ・オストロウシカ氏は、同記者会見時に、家局は、被占領地に向けた放送を3月1日から試験的に行なっていると述べている。

また、民間メディアグループ4局は、それぞれオリガルヒ(大富豪)が所有することで知られる。『スターライトメディア』(ICTV局、STV局等)はヴィクトル・ピンチューク氏、『1+1』はイーホル・コロモイシキー氏、『ウクライナ』はリナト・アフメトフ氏、『インテル』はドミトロー・フィルタシュ氏が所有する。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-