ゼレンシキー大統領、2月26日をクリミア占領抵抗の日と定める大統領署名=公式

ゼレンシキー大統領、2月26日をクリミア占領抵抗の日と定める大統領署名=公式

ウクルインフォルム
大統領府ウェブサイトは26日、大統領令第58/2020「クリミア自治共和国・セヴァストーポリ市占領への抵抗の日」を公開した。

掲載情報によれば、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、2月26日に同大統領令に署名したとのこと。

大統領令には、「一時的被占領地であるクリミア自治共和国とセヴァストーポリ市にて、ウクライナの領土一体性防衛の際の、ウクライナ国民の勇敢さと英雄性を讃えることを目的とし、2014年2月26日のクリミア・タタール人、ウクライナ人、その他の民族代表者の参加をもって開催されたシンフェローポリ市におけるウクライナ領土一体性支持集会の周年を機に、私は、毎年2月26日に祝われるクリミア自治共和国・セヴァストーポリ市占領抵抗の日のウクライナにおける確定を決定する」と書かれている。

大統領はまた、同令にて、閣僚会議に対して、関係機関の参加を得た上で、このクリミア占領抵抗の日の行事計画を作成・確定するよう指示を出している。

なお、26日、ゼレンシキー大統領は、ロシアによるクリミア占領への抵抗が始まってから6年を記念する「クリミア時代」(Age of Crimea)フォーラムの際のスピーチにて、同日をクリミア占領抵抗の日と定めることを発表していた。その際、大統領は、ウクライナ社会は様々な問題で意見が対立するが、「クリミアはウクライナ領だ」という点では団結していることを指摘しており、クリミアのウクライナへの返還は大統領個人の目的ではなく、国の総意であると強調していた。

なお、2014年2月26日、クリミア自治共和国最高会議の前にて、ウクライナ領土一体性支持の集会が開催された。その際、集会参加者は、親ロシアの活動家や「ロシア統一」党党員と衝突。その際、2名が死亡、数十名が負傷している。

その後、クリミアが占領されると、ロシアの捜査委員会は、この2月26日のウクライナ領土一体性支持集会に参加した人々(その多くがクリミア・タタール人)に対して、刑事捜査を開始、政治的動機の偽裁判を行い始めた。

国際社会は、クリミアの併合を認めず、ロシアの行動を非難。西側諸国は、ロシアに対して制裁を発動。国連総会決議により、クリミアはロシアに占領されたウクライナ領だと定められている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-