日本政府、ハルキウ軍病院に医療機器を供与 800万フリヴニャ相当

日本政府、ハルキウ軍病院に医療機器を供与 800万フリヴニャ相当

写真
ウクルインフォルム
日本政府は25日、ハルキウ市の北方軍事医療センターに、約800万フリヴニャ相当の最新医療機器を供与した。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

引渡し式には、倉井高志駐ウクライナ日本国大使とオレクシー・マルツェニューク・ウクライナ国防次官が出席した。

写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー/ウクルインフォルム

この度、このハルキウの軍病院に供与されたのは、キヤノン社製のX線診断装置・CTスキャナー(DREXZX80/E6 Remotecontrol R/F system Canon ZEXIRA)とフジフィルム社製の気管支ファイバースコープ(FUJIFILM F82-120T)2点。支援総額は約800万フリヴニャ(約3600万円)となるとのこと。

倉井大使は、「日本は、1991年からウクライナの人々を様々な形でサポートしており、現時点でのこれまでの(対ウクライナ)支援総額は30億米ドルを超える。2014年以降、この協力は活性化しており、その多くの支援が軍病院の設備のために割かれている。私は、ウクライナ東部で亡くなったウクライナの軍人たち皆に、そして軍医の方々の仕事に敬意を表す」と発言した。

この軍病院では、これまで旧式のフィルムを利用するレントゲン機材があったが、同機材では一日での利用回数に限界があったが、今回供与された新たなX線診断装置とCTスキャナーにより診断のレベルがはるかに向上するとのこと。

レントゲン科のオレクサンドル・ヤシンシキー科長は、「このクラスの機材は、診断の質と速度と規模を向上させるものであり、診断時間を最小限にまで短縮することが可能となる。この機材により、レントゲン診断、CT診断というあらゆる検査が可能となる」と発言した。

なお、これら機材は、翌日からの業務から利用されるとのこと。

マルツェニューク国防次官はまた、近々リヴィウの軍病院にも最新の医療用CTスキャナーが供与されると伝えた。

なお、ハルキウの軍病院は、2014年以降、ウクライナ東部の反テロ作戦と統一部隊作戦に参加した軍人・治安機関職員2万6500人以上を受け入れている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-