【国連安保理】ロシアは自国民を「DPR」の幹部ポストに任命=宇外務次官

【国連安保理】ロシアは自国民を「DPR」の幹部ポストに任命=宇外務次官

ウクルインフォルム
ロシアは、ミンスク諸合意履行の話になるといつも、ウクライナを指差して「ウクライナが地元政権代表者と直接対話をすべきだ」と主張しているが、新たにいわゆる「ドネツィク政府」の代表者に任命されたのは、シベリア生まれのロシア国民、最近までイルクーツク州副知事だった人物である。

18日、国連安保理におけるウクライナ問題会合の際に、キスリツャ外務次官が発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

キスリツャ次官は、「最近、『ドネツィク政府』の代表代行に任命されたウラジーミル・パシュコフという人物は、どの程度『地元民』なのであろうか。(中略)彼は、シベリア生まれのロシア国民であり、ロシアの海軍学校を卒業し、最近までロシアのイルクーツク州で副知事を務めたいた人物である」と説明した。

次官は、「シベリアから来た人物が、私たち、ウクライナ国民に対して、ウクライナ領において、あれをせよ、これをせよと言うことを、正当化することなどできない」と強調した。

なお、これに先立ち、ロシアが占領しているドネツィク州一部地域にて、新たに『DPR政府代表』に任命されたのは、以前ロシアのイルクーツク州副知事を務めていたウラジーミル・パシュコフ氏であることが判明した。ロシア大統領府は、本件につき、パシュコフ氏は、「DPR政府」代表に「一民間人」として就任したのであり、「ロシア連邦は代表していない」とコメントしている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-