ゼレンシキー大統領は露大統領側近と会っていない=メンデル報道官

ゼレンシキー大統領は露大統領側近と会っていない=メンデル報道官

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、ロシア連邦のニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記と会っておらず、話もしていない。

14日、ユリヤ・メンデリ大統領報道官が、調査報道番組「スキーム 詳細の中の汚職」の内容に触れて、自身のフェイスブック・アカウントにて書き込んだ

メンデリ氏は、「番組スキームのストーリー内で唯一容易なのは、大統領とロシア連邦代表者のパトルシェフとの会談の事実を否定することだ。なぜなら、彼らは本当に会っていないし、話もしていないからだ」と書き込んだ。

同時に、同氏は「関係のない事実を並べて、大統領は社会の知らないところでロシアの高官と合意した、などという結論に至ることは難しいものだ」と書き込んだ。

これに先立ち、13日、調査報道番組「スキーム」は、1月8日のゼレンシキー大統領がオマーンの首都マスカットからキーウ(キエフ)へ緊急帰国した際に利用したチャーター便は、その前にモスクワからオマーンに飛行したものであったと報じていた。記者たちは、そのチャーター便に乗って、モスクワからニコライ・パトルシェフ露安全保障会議書記がオマーンに渡航していたとし、ゼレンシキー大統領と同書記の会談の可能性を指摘していた。

アンドリー・イェルマーク大統領府長官は、同報道は正しくないとし、客観的な情報も根拠となる事実もないものだと発表している。

なお、1月5日、ウクライナ大統領府は、ゼレンシキー大統領のオマーンへの渡航は、全て私費で行なわれており、滞在はプライベートのものだと公表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-