ゼレンシキー大統領、ホンチャルーク首相と会談 内閣にチャンスと条件提示

ゼレンシキー大統領、ホンチャルーク首相と会談 内閣にチャンスと条件提示

ウクルインフォルム
17日、ゼレンシキー大統領は、辞表を提出したホンチャルーク首相と会談し、複数の課題を履行することを条件に内閣に対してチャンスを与えると伝えた。

ウクライナ大統領府広報室が公表した

ゼレンシキー大統領は、首相に対して「私は、あなたと政府にチャンスを与えることにした。もし、あなたたちが、社会にとって非常に重要でな複数のことを解決するならだ。今は、国家の経済と政治を引っ掻き回すような時ではない」と発言した。

大統領はまず、閣僚を含む国家の高官の給与に関する新しいコンセプトを作成するように伝えた。大統領は、「彼らは非常に真面目な専門家であることはわかっている」としつつ、高官の給与は経済水準が上がった時に増額すべきとの考えを示した。

また、大統領は、閣僚交代を通じた内閣の強化が重要だと強調し、「私たちは政府の強化を欲している」とし、各省幹部の脆弱なところを見つけ出すよう伝えた。

更に大統領は、複数省の分割が必要だと言及し、「私たちは、複数の省を統合した。最初はそれは正しい決定だった。(中略)思うに、時間とともにわかってきたのは、複数の省が分割されねばならないということだ」と指摘した。

加えて大統領は、首相に対して、最高会議議員・委員会との仕事の調整を行うよう要請した。大統領は、「あなたは経済に詳しく、政府内の最新のプロセスを知っている。私たちの議員は、それを知らない。彼らが、大胆で、改革的で、時に不人気な内容の法案を受け取った時、それを理解するだけの時間、委員会で作業する時間が足りないのだ。それは良くない」と述べた。

ホンチャルーク首相は、これに対して大統領に、信頼に対して謝意を伝え、提案された変革につき近く実施することに同意した。

同会合を受けて、ホンチャルーク首相は、2月4日までに閣僚会議活動報告書を作成し、議会に提示すると約束した。とりわけ、最高会議議員に対して、政府強化と一部の組織改編のコンセプトが提示されるとのこと。

これに先立ち、17日、ホンチャルーク首相は、フェイスブック・アカウントに、首相ポスト解任の辞表を書き、ゼレンシキー大統領に送ったと書き込んでいた。首相は、その理由として、自身と内閣が大統領を尊敬していないかのようなイメージを払拭するためだと述べ、今後も内閣は仕事を続ける意向も示していた。

15日夜、動画掲載サイト「ユーチューブ」にホンチャルーク首相、マカロヴァ財務相、ロジュコヴァ中銀第一副総裁などとされる人物の経済問題についての会話の音声データがアップロードされた。これら人物の会話は、ゼレンシキー大統領との面会前に、彼らが米ドルレートや経済問題についての内容となっている。この会話の中で、ホンチャルーク首相らしき声の人物がゼレンシキー大統領につき「彼は経済はほとんど素人だ」と述べる場面があった。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-