「よく準備された催し物だ」クレーバ副首相、ロシア内閣総辞職にコメント

「よく準備された催し物だ」クレーバ副首相、ロシア内閣総辞職にコメント

ウクルインフォルム
15日に発表されたロシア連邦内閣の総辞職につき、クレーバ副首相は、民主主義の発露ではなく、談合の結果だろうとコメントした。

クレーバ氏が、ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部訪問後の記者会見時に、ウクルインフォルムの記者からの質問に答える形で発言した。

クレーバ氏は、「私たちは、ロシアであのレベルで起こっていることは全部、よく準備された催し物であることをよく理解している。それは、直接的で、真の生きた民主主義の産物ではない。私は、あちらでは彼らは全てにつき談合で決めているのだと思っている。ドミトリー・メドヴェージェフ氏が代わりに尊厳あるポストを得たことに、驚きはない」と発言した。

これに先立ち、15日、ロシア連邦のメドヴェージェフ首相が内閣総辞職を発表した。これに対して、プーチン露大統領は、メドヴェージェフ氏に国家安全保障会議の副議長への就任を打診した。同ポストはメドヴェージェフ氏のために特別に新設されるもの。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-