ウクライナ外務省、セルビア政府に対し、自称「クリミア政権代表者」受け入れを抗議

ウクライナ外務省、セルビア政府に対し、自称「クリミア政権代表者」受け入れを抗議

ウクルインフォルム
ウクライナ外務省は、12月4~7日、セルビアの首都ベオグラードを、クリミアの占領政権の代表者が訪問したことにつき深い懸念を表明し、スヴィトラナ・コシュティチ・セルビア大使代行を外務省に呼び出し、抗議したと発表した。

11日、外務省がコメントを発出した

コメントには、「ウクライナ外務省は、2019年12月4~7日にベオグラードをクリミアの占領政権代表者が訪問し、その際、セルビア議会議員との会談が行われ、会議『ベオグラード対話:ロシアとの建設的関係とクリミアの人々の意思発露の承認』が開催されたとの事実に深く懸念している」と書かれている。

また、外務省は、本件はウクライナにとって非友好的な行動であり、2014年3月27日国連総会第68/262決議「ウクライナの領土一体性」を侵害するものであり、ロシア連邦によるクリミア自治共和国の違法占領を合法化する試みとみなされると発表している。

外務省はまた、「2019年12月11日、抗議表明のため、スヴィトラナ・コシュティチ駐ウクライナ・セルビア大使代行をウクライナ外務省に呼び出した」と報告した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-