「メディアの人気者」ゼレンシキー氏は、プーチン氏にとっての「挑戦」である=独報道

「メディアの人気者」ゼレンシキー氏は、プーチン氏にとっての「挑戦」である=独報道

ウクルインフォルム
ドイツのメディアは、12月9日にパリにて開催されたノルマンディ4国首脳会談とゼレンシキー大統領とプーチン露大統領の初の首脳会談についてコメントする中で、「メディアの人気者」であるゼレンシキー氏が、プーチン氏にとっての「挑戦」となっていると指摘した。

10日、独ニュースサイトt-onlineが報じた

同記事では、秋にプーチン氏が、ゼレンシキー氏のことを「かわいらしく、誠実な人」だと思うと述べていたが、春、ウクライナの大統領選挙が終わった時には、プーチン氏はゼレンシキー氏を祝福さえしなかったことが喚起されている。また、プーチン氏が、夏には、テレビで演技をするのと、国家を運営するのは異なるものだと述べて、ゼレンシキー氏を苛立たせようとしていたとも書かれている。記事には、プーチン氏のゼレンシキー氏に関する表現が変遷していると指摘されている。

「プーチン氏にとって、『メディアの人気者』ゼレンシキー氏は、長い間、挑戦となっている」と書かれている。

反ロシア的スローガンを好んだポロシェンコ前大統領は、「紛争時の嫌悪対象として理想的だった」が、それとは異なる、元俳優で、人気があり、シンパシーを集めるゼレンシキー氏の言動は、多くのロシア人にも気に入られていると説明されている。

そして、同記事は、ロシア国内にてプーチン氏への不満が高まっていることを喚起しつつ、「プーチン氏は、「強力な人物として、パリに向かったわけでは全然ない」との見方が示されている。ロシアは経済危機であり、高い物価への不満が広まっており、シリアやウクライナでのロシアの戦争も好意的には受け入れられれておらず、更には、ウクライナの紛争により科されている米国や欧州連合(EU)の制裁がロシアの発展を妨げていると指摘されており、制裁解除に向けて、ロシアは紛争において進展を必要としているのだとの考えが示されている。

また、記事の筆者は、ゼレンシキー氏とプーチン氏の間に良い「化学反応」が見られたと指摘している。4者会談冒頭、プーチン氏がゼレンシキー氏に対してカメラに向いて笑顔を向けるよう促した場面、それから、1時間20分続いた2者会談後、プーチン氏がゼレンシキー氏との会談を「良かった」とコメントしたことが喚起されている。

写真:TASS


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-