4国首脳会談はロシアに行動を変える用意があるかどうかを確認する機会=米国務省

4国首脳会談はロシアに行動を変える用意があるかどうかを確認する機会=米国務省

ウクルインフォルム
ウクライナがロシア連邦との紛争の解決に向けた努力を行った今、パリで開催される独仏宇露4国のノルマンディ首脳会談の際に、ロシアは自らの犯罪的行動を変える用意があることを示さなければならない。

3日、米国のデーヴィッド・ヘイル政策担当国務次官(政策担当)が米上院外交委員会の公聴会にて発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ヘイル氏は、「ウクライナのゼレンシキー大統領による肯定的な行動が私たちを鼓舞している。彼は、ウクライナ東部のロシアが主導する紛争の解決のためにその行動を行った。しかし、今のところ、私たちは、ロシアの反応に失望している」と発言した。

ヘイル氏は、ロシアは引き続き地域の軍事的支配力を維持したがっているとし、それはロシアによる長引く対ウクライナ・対ジョージア侵略が示していると指摘した。ヘイル氏は、「ロシアはウクライナにおける軍事行動を止めて、ミンスク諸合意の義務を履行しなければならない」と強調した。

同氏は、「12月9日のノルマンディ・フォーマット首脳会談は、ロシアに自らの犯罪的行動を変える用意があるのか否かを確認する機会となる」と指摘した。

更に、ヘイル氏は、ロシアによるクリミア軍事化の継続も非難した。加えて、同氏は、2018年にポンペオ米国務長官が「クリミア宣言」を発出したこと、その文書の中にて、米国はロシアによるクリミア併合の試みを決して認めないと宣言されていることを喚起した。

また、同氏は、ロシアによる独露新ガス・パイプライン「ノルド・ストリーム2」建設の試みにも注意を向け、その上で、「ロシアの欧州連合(EU)とウクライナとの3者ガス協議への非生産的アプローチは、エネルギーを政治的武器として利用するロシアの戦略における、新しい手段となっている」と説明した。

なお、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの4国によるノルマンディ首脳会談は、12月9日に開催が予定されている。同会談は、ゼレンシキー大統領とロシア連邦のプーチン大統領の最初の会談となる。

ノルマンディ首脳会談の開催は、2016年10月19日のベルリン以来。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-