ゼレンシキー大統領、クリミア問題を扱う米宇露3国フォーマットの設置案に言及

ゼレンシキー大統領、クリミア問題を扱う米宇露3国フォーマットの設置案に言及

ウクルインフォルム
クリミアの将来に関する協議は、ウクライナ・ロシア・米国の3国フォーマットで行えるかもしれない。

ゼレンシキー大統領が、欧州の複数の報道機関へのインタビューの際に発言した。ポーランドのGazeta Wyborczaが報じた

ゼレンシキー大統領は、「私は、クリミア問題は米国が支援できると思っている。そのような協議フォーマットは、ウクライナ、ロシア、米国を含められるであろう」と発言した。

大統領はまた、12月9日のノルマンディ4国(独仏宇露)首脳会談の際に、このようなフォーマットが可能かどうか尋ねると述べ、もし不可能だとしても、何らかの協議フォーマットを定めたいと発言した。

大統領は、クリミア問題は現在どこでも議論されておらず、国際パートナー国が言及しているだけだと指摘した。

大統領は、「ミンスクは、様々に評価することができよう。しかし、それは少なくとも協議の場所ではある。他方で、クリミア問題は国際フォーマットにおいて、過去5年間協議されていないのだ」と指摘した。

なお、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの4国によるノルマンディ首脳会談は、12月9日に開催が予定されている。同会談は、ゼレンシキー大統領とロシア連邦のプーチン大統領の最初の会談となる。

ノルマンディ首脳会談の開催は、2016年10月19日のベルリン以来。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-