ゼレンシキー大統領、4国首脳会談での自らの3つの優先課題を指摘

ゼレンシキー大統領、4国首脳会談での自らの3つの優先課題を指摘

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、12月9日に予定される独仏宇露4国ノルマンディ首脳会談に向けて、自らの3つの優先課題を指摘した。

ゼレンシキー大統領がドイツのシュピーゲル誌へのインタビュー時に発言した

まず大統領は、「何があっても、私はドンバスで戦争を始めない」と強調した。

加えて大統領は、ノルマンディ首脳会談にて議論するつもりである自らの3つ優先課題を指摘した。

1つ目は、大統領は、被拘束者交換であるとし、フランスとドイツは本件を支持しており、更に「ロシアが反対する理由は見当たらない」と発言した。

2つ目は、大統領は、停戦だと指摘した。

そして、大統領は、ドンバス地方における地方選挙について、同選挙を実施するためには、全ての違法な軍部隊が撤退する必要があると強調した。大統領は、「選挙は、ウクライナ国内法に従って実施される。そして、ウクライナ国内法は戦闘員のプレゼンスを認めない」と述べた。加えて、大統領は、ウクライナの全政党、監視団、ジャーナリスト、欧州安保協力機構(OSCE)、ウクライナ中央選挙管理委員会の全てがアクセスを得なければならないと指摘した。

その上で、大統領は、「これら3つの課題が解決すれば、あなた方は、私たちが戦争を終わらせたいと思っているのかどうかが分かるであろう。私たち自身は、確かに終わらせたいと思っている。しかしながら、その時、ロシアも本当にそれを望んでいるのか否かを、私たちは知ることになるのだ」と発言した。

なお、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの4国によるノルマンディ首脳会談は、12月9日に開催が予定されている。同会談は、ゼレンシキー大統領とロシア連邦のプーチン大統領の最初の会談となる。

ノルマンディ首脳会談の開催は、2016年10月19日のベルリン以来。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-