【写真】大統領、新設のスタニツャ・ルハンシカの橋を視察

【写真】大統領、新設のスタニツャ・ルハンシカの橋を視察

更新
ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は20日、スタニツャ・ルハンシカの新設の橋を視察し、その橋はもう完全に渡されると発言した。

大統領府がフェイスブック・アカウントにて、大統領のスタニツャ・ルハンシカ視察時の様子を伝えた

ゼレンシキー大統領は、地元の学校を訪れると、「私たちは、橋の開通式に経った今参加してきた。そこは、予定通り、非常に立派なものが作られている。私は、州行政府長官に、『(開通は)いつになるんだ?』と聞いたら、彼は『2、3日後だ』と言うのだ。私は、よくわからない、私たちは開通式に来たのだ、と答えた。すると、私たちがそこからあなた方の学校に来る間に、橋は完全に開通したのだ」と発言した。

同時に、大統領は、フェイスブック・アカウントにて、同橋は予定より数日早く開通したことを伝えた

大統領は、「ここに来るたびに、人々は橋のことを一番頼んでいたのだ。まず、情報操作を否定する。戦車はここを通ることはできない。橋は、戦車には狭すぎるのだ。しかし、ここを救急車は通ることができるし、食料を運ぶこともできる。橋を渡るには大きな労力を要しないのだ」と強調した。

なお、これまでの報道にあるように、スタニツャ・ルハンシカ近郊の橋の修理は、9月2日に開始されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-