米国務省ウクライナ問題特別代表ポスト、廃止の可能性あり=報道

米国務省ウクライナ問題特別代表ポスト、廃止の可能性あり=報道

ウクルインフォルム
米国務省にて、以前カート・ヴォルカー氏が担っていた、ウクライナ問題特別代表のポストは廃止されるかもしれない。

7日、Foreign Policy誌が米政権内関係者の発言をもとに報じた

報道には、「これまでカート・ヴォルカー氏が担っていた、米国のウクライナ特別代表ポストは、もしかしたら完全に廃止となるかもしれない」と書かれている。

同誌は、廃止の場合、特別代表ポストの業務は国務省内の別のウクライナ問題を扱うポストに譲渡されることになると書いている。

関係者は、同ポストの「複雑な役割」により、ホワイトハウスが新しい適任者を見つけることが非常に困難となることから、廃止される可能性があると述べているとのこと。

なお、同ポストを担っていたカート・ヴォルカー氏は、現在、米大統領弾劾捜査の一環で、米議会で証言を行うために召還されており、同氏のキャリアは大きなダメージを受けており、また同ポストに就くことは現在外交官にとって評判上のリスクとなっている。

ヴォルカー氏は、9月末に米国務省ウクライナ問題特別代表職を辞任。その後、同ポストは現在まで空席のままとなっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-