ゼレンシキー大統領、「降服」という言葉にアレルギーがあると発言

ゼレンシキー大統領、「降服」という言葉にアレルギーがあると発言

写真
ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ウクライナの国益を明け渡すことも、降服することも決してないと主張した。

11日、ゼレンシキー大統領が、オデーサにて「ウクライナ防衛者の日」記念式典に参加した際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「信じて欲しい。私はもはや、本当に『降服』という言葉にアレルギーを覚えている。皆にもう一度言いたいのだが、国益の明け渡しなど一切起こらない!それは私にもウクライナにも関係のない言葉だ」と強調した。

大統領は、毎日24時間、自身の努力は全て領土一体性の回復とドンバスの戦争停止のために向けられていると明言した。

大統領は、「ドンバスはウクライナであり、そこには平和が達成されねばならない。完全な停戦、全ての人質の帰還、外国軍部隊の撤退、国境管理の確立が起こらねばならない。地方選挙は、ウクライナ法のみにのっとり、機関銃ではなく、国際監視員の監視のもとで行われねばならないのだ」と強調した。

また、大統領は、併合されたクリミアのことも忘れておらず、クリミアの回帰は「私たちの次の挑戦だ」と発言した。

大統領は、「リテラシー、均衡のとれた外交、強力な安全保障・国防セクター、経済の再生、ウクライナ国民の福祉保障。これらからなる強固な基盤により、私たちの立場は強力な力を作り上げるのだ」と強調し、これらの基盤の強固にすることができるのは、領土一体性回復と強固なウクライナ再生を目的とする国民の団結のみだとの考えを示した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-