ルツェンコ前検事総長、米民主党がウクライナ汚職対策局を通じて利益追求をしていたと発言

ルツェンコ前検事総長、米民主党がウクライナ汚職対策局を通じて利益追求をしていたと発言

ウクルインフォルム
ユーリー・ルツェンコ前検事総長は、米国の民主党につき、当時同党関係者が複数の案件にてウクライナの国家汚職対策局(NABU)で自らの利益を追求していたと発言した。

8日、ルツェンコ氏がNVラジオの番組中に発言した

同氏は、「私は、それらの行動は全て民主党幹部の利益にかなうものだと見ており、それらの行動は全てNABU、あるいはNABUを囲み、守り、支持し、宣伝していた通称活動家たちに集まっていた。そのため、私の見方では、あれやこれやの件、ウクライナの(米国大統領選)介入の件、バイデン息子とウクライナ企業の利益相反行為の件にしても、NABUは民主党に有利なように行動していたのだ」と強調した。

ルツェンコ氏は、続けて、米大統領選挙戦中にウクライナのセルヒー・レシチェンコ当時最高会議議員とアルテム・シートニクNABU局長が、トランプ陣営当時選対本部長だったポール・マナフォート氏の名前の掲載された、地域党(編集注:ヤヌコーヴィチ元大統領の政党)の違法な収支記録簿、通称「黒い記録簿」を公開した件を喚起した。

また、同氏は、バイデン息子のハンター氏が重役についていた、ウクライナのBurisma社については、ハンター氏が同企業から約100万ドルの支払いを受け取っていたとし、加えて、同社捜査案件はNABUに送られたが、その捜査は「葬り去られた」などと発言した。

さらに、ルツェンコ氏は、シートニクNABU局長にヒラリー・クリントン当時米大統領選挙民主党候補を支持する意図があったと発言した。同氏は、本件をナザール・ホロドニツィキー特別汚職対策検察(SAP)長から聞いたとし、「私は、SAP長との会話から確実に知っている。ホロドニツィキーSAP長が、『シートニクよ、君はどうして、裁判前捜査の情報流出という禁止行為を行ったのだ?』と尋ねたら、シートニクNABU局長は『私はヒラリーを助けたかっただけなのだ』と発言したらしいのだ」と発言した。ルツェンコ氏は、そのような行為はウクライナ法では違法ではないが、トランプ米大統領の顧問弁護士のジュリアーニ氏は、その行為を米国選挙への介入と見ていると発言した。

同氏は、「それをトランプ氏は記憶したのだ。そのため、トランプ氏は、ウクライナのことを思い出す度に『ウクライナの選挙介入』のことを思い出すようになったのだ。更に、それはジャーナリストや一般市民の介入ではなく、国家機関幹部や政治家の介入なのだ」と強調した。

なお、ポール・マナフォート氏は、2016年の6月から8月にかけてトランプ当時米大統領候補の選対本部長を担っていた人物。2016年5月末、ウクライナにてヴィクトル・トレパク保安庁第一次官(当時)からNABUに対し、「地域党の黒い記録簿」と呼ばれる、20億ドル近い額の支払いが記録された文書が渡された。「地域党」は、前ヤヌコーヴィチ大統領の政党。この「記録簿」のコピーは、その後レシチェンコ議員が公開した。この「記録簿」の中のリストには、著名な政治家、大臣、議員、裁判官の名前が並び、その中には、2007年11月20日から2012年10月5日までの期間に計22回、米国人であるマナフォート氏の名前も載っていることが明らかとなった。同氏に対する支払額の合計は、約1270万ドルに上っていた。

2017年10月には、米国にて、マナフォート氏に対して、ウクライナのヴィクトル・ヤヌコーヴィチ前大統領と地域党のロビー活動を、アメリカでの必要な登録を行わず、税金も支払わずに当時行っていた容疑が伝えられた。CNNは、マナフォート被告が数年にわたり、「ウクライナでの政治活動」により、数百万ドルを稼いでいたことを報じている。2018年8月には、マナフォート氏は、自らの罪を認め、その後ムラー特別検察官との協力に同意する。しかし、12月には、トランプ米大統領元選対本部長であるマナフォート被告がムラー米特別検察官に対し、少なくとも5つの重要局面で嘘をついていたことが判明しており、2019年2月、裁判所は、捜査協力の条件に違反していたと伝えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-