クリミア関連の対露制裁は占領が終わるまで解除されない=ヴォルカー米特別代表

クリミア関連の対露制裁は占領が終わるまで解除されない=ヴォルカー米特別代表

ウクルインフォルム
カート・ヴォルカー米国務省ウクライナ問題特別代表は、クリミア占領に関連してロシアに科されている制裁は占領が終了するまで継続されると説明した。

15日、ヴォルカー特別代表が1+1局へのインタビュー時に発言した

ヴォルカー特別代表は、対露制裁は、ウクライナ南部のクリミア関連のものと東部のドンバス関連のものを分けて考えなければならないと指摘した。

同特別代表は、「まず、私たちはロシアのクリミア併合により制裁を科しており、それからロシアがミンスク諸合意を履行しないことでも制裁を科しているのだ。それから、英国でのスクリパリ親子への攻撃のような理由でも制裁を科している。もしロシアがミンスク諸合意の自らが負う義務を履行すれば、私たちは制裁緩和を検討するであろう。しかし、クリミア関連の制裁は、ロシアがクリミアの占領を継続する限り科され続けるのだ。他の制裁も同様である」と発言した。

また、記者が、ロシアがいつかクリミアをウクライナに返すと信じているかと尋ねると、ヴォルカー特別代表は、「ええ、信じている。私たちは、バルト諸国がどうなったかを知っている。ソ連は、40年間の占領の後にこれらの国へ独立を戻した。西側、米国、その他の国は、バルト諸国のソ連への強制編入を認めなかった。クリミアに関しても、私たちは非常に強力な立場を有しており、ロシアのクリミア併合に同意することはない。その点に関して、ポンペオ国務長官が昨年声明を出しており、欧州連合(EU)も同様の立場を有している」と返答し、「時間が全てを変え、いつかクリミアはウクライナに戻ることなると思っている」と補足した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-