ヴォルカー米国特別代表「私たちはロシアが楽に退却する手段を見つける手助けをする」

ヴォルカー米国特別代表「私たちはロシアが楽に退却する手段を見つける手助けをする」

ウクルインフォルム
カート・ヴォルカー米国務省ウクライナ問題特別代表は、ロシアにはウクライナ東部のドンバス地方から撤退するだけの理由があると考えている。

15日、ヴォルカー特別代表が1+1局へのインタビュー時に発言した

ヴォルカー特別代表は、「私は、ロシアにはドンバスから去らねばならない理由があると思っている。彼らは、ドンバスを維持することに実は関心がない。彼らは、キーウ(キエフ)政権に影響を及ぼし、ウクライナをロシアの影響下に留めようとして、人々の命を冷笑的にもてあそんでいるのだ。それは過ちである。ウクライナは、かつてないほどに強く、民主的で、開花し、堅固で、反ロシア的で、親ヨーロッパ的になっている。そのため、ロシアは、占領とドンバスでの戦争を継続することで、本来得たかったものとはまったく逆の結果を得ているのだ。これが、ロシアが現在行っていることを止めるべき理由である」と説明した。

その上で、同特別代表は、「私たちやフランス、ドイツ、ウクライナの同僚たちは皆、ロシアが楽に退却し、被占領地に平和を戻すための手段を見つける手助けをする準備がある」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-