独・仏はゼレンシキー大統領に「無理強い」はできない=プリスタイコ外相

独・仏はゼレンシキー大統領に「無理強い」はできない=プリスタイコ外相

ウクルインフォルム
ヴァディム・ゼレンシキー外相は、ドイツとフランスの首脳たちが、独仏宇露4国の協議にて、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領に対し、妥協を迫って圧力をかけることはないとの確信を示した。

14日、プリスタイコ外相がヤルタ欧州戦略会議(YES)におけるカート・ヴォルカー米国務省ウクライナ問題特別代表とのパネル・ディスカッション時に発言した。

記者が、独・仏の首脳がゼレンシキー大統領に対して、立場を軟化するよう「無理強い」することはないのかとの質問に対して、プリスタイコ外相は、「ゼレンシキー大統領は、もしかしたら、身長は高くないかもしれないが、しかし、彼は常に訓練をしており、彼に無理強いをさせることはそれほど容易ではなくなってきている」と発言した。

外相は、さらにパートナーたちのサポートを指摘し、とりわけアンゲラ・メルケル独首相がドンバス紛争の初期からウクライナ側とともに協力しており、この数年間に多くの政治的経験が積み上げられていると説明した。

外相は、「もし制裁がなかったら、もし西側パートナーたちの現在の立場が国際条理になかったら、私たちは、ロシアの進軍を止めることはできなかったであろう。(彼らの)立場に一定の変化があろうと、私は、そのようなこと(編集注:ゼレンシキー大統領への無理強い)は想定していない」と強調した。

なお、キーウでは、9月12〜14日、第16回ヤルタ欧州戦略会議(YES)が開催されていた。同会議は、ヴィクトル・ピンチューク基金が支援し、国際YES基金が運営したもので、26の国々から政治家、ビジネスマン、市民活動家、専門家など400名以上が参加。国際政治の問題、欧州やウクライナへのその影響などが協議された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-