ウクライナは「シュタインマイヤー・フォーミュラ」に同意したことは一度もない=前大統領府副長官

ウクライナは「シュタインマイヤー・フォーミュラ」に同意したことは一度もない=前大統領府副長官

ウクルインフォルム
ポロシェンコ政権下において大統領府の外政担当副長官を担っていた、コスチャンティン・エリセーエフ氏は、ウクライナは「シュタインマイヤー・フォーミュラ」に同意したことは一度もないと説明した。

13日、エリセーエフ氏が自身のツイッター・アカウントにて発言した

エリセーエフ氏は、「元ノルマンディ4外交担当補佐官会合参加者として、説明させて欲しい。『全てに合意したのでなければ、一切の合意はない』という原則にもとづき、ウクライナは、シュタインマイヤー・フォーミュラには決して合意していないし、それに合意することはあり得なかった。国家元首は、最高会議の同意を要することについては合意することはできない。ロシア連邦は罠を用意している」と発言した。

これに先立ち、ヴァディム・プリスタイコ外相は、シュタインマイヤー・フォーミュラは、2016年にペトロ・ポロシェンコ第5大統領が合意したものだと発言していた。

「シュタインマイヤー・フォーミュラ」について知られているのは、それが、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域(ORDLO)における民主的な選挙の実施の後の、ドンバス地方特別地位法の発効手続きを定めたものだということである。

ウクライナはこれまで、国境管理の回復と違法武装集団のORDLOからの完全撤退を要求しており、その後初めて、同地方における地方選挙の実施が可能となるのだと主張していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-