東部被占領地の選挙は、ウクライナ法にのっとって行われねばならない=ゼレンシキー大統領

東部被占領地の選挙は、ウクライナ法にのっとって行われねばならない=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ウクライナ東部被占領地における選挙は、ウクライナ法にのっとって実施されねばならない。

13日、ゼレンシキー大統領が、キーウ(キエフ)訪問中のエストニアのケルスティ・カリユライド大統領との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「被占領地域における選挙実施の可能性については、私は、(独仏宇露4国からなる)ノルマンディ・フォーマットにて合意ができたら、コメントできるようになる…。(選挙実施の)条件は全てミンスク諸合意に書かれている。私たちは、(ノルマンディ首脳会談での)対話計画を準備しており、私たちは、現在ただ日付について調整をしている。その後、ウクライナ社会が全ての詳細について知ることになろう」と発言した。

大統領はまた、被占領地での地域選挙実施までには、複数の複雑な問題を解決せねばならないとし、まずは被拘束者の解放、それからゾロテーとペトリウシケでの部隊撤退、それから400キロメートルの衝突ライン全体での部隊撤退だと指摘した。

その上で、大統領は、「その後ようやく、私たちは被占領地における選挙実施のフォーマットについて話すことができるようになるのだ。私たちもあなたたちも、いや、私はウクライナ人なら皆そう考えていると思うが、ドンバス地方はウクライナだと、私たち皆が思うのなら、地方選挙は行われなければならない。しかし、行われる場合も、ウクライナ法にのっとって行われるのだ。その他の全ての詳細や、時期は、私は、今はあなたたちと議論することはできない」と説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-