独仏宇露4国首脳補佐官は署名のための文書を用意している=クチマ・ウクライナ代表

独仏宇露4国首脳補佐官は署名のための文書を用意している=クチマ・ウクライナ代表

ウクルインフォルム
ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの4国からなるウクライナ情勢協議フォーマット「ノルマンディ・フォーマット」の首脳補佐官たちは、次回の4国首脳会談における署名に向けて、現在文書を準備している。

13日、宇露OSCEからなる3者コンタクト・グループ(TCG)でウクライナ代表を務めるレオニード・クチマ元大統領が、キーウ(キエフ)で開催されているヤルタ欧州戦略会議(YES)の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クチマTCGウクライナ代表は、「『ミンスク3』?実質的には、確かに、補佐官たちは決定を準備している。それは、彼らがそこ(会談)で署名しなければならないものだ。私が言っているのは、『ノルマンディ4』のことだ」と発言した。

記者たちが、ノルマンディ首脳会合における「シュタインマイヤー・フォーミュラ」の扱いについて尋ねると、クチマTCGウクライナ代表は、「それはそこで確定されない」と答えた。

その上で、クチマ代表は、「もう一度席について、何がウクライナにとって受け入れられるか、何が受け入れられないか定めなければならない。彼らが何に合意するのか、待とうではないか。なぜなら、そこ(編集注:被占領地)に行って、すぐに選挙をして、特別地位を付与して、憲法改正を提案する、というのは、悪いが、それはウクライナが取るステップではない」と強調した。

写真:YES © 2019、セルヒー・イリン、オレクサンドル・インディチー、オレクサンドル・ピリュヒン


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-