マクロン仏大統領、露のG8回帰はウクライナ情勢解決が条件と説明

マクロン仏大統領、露のG8回帰はウクライナ情勢解決が条件と説明

ウクルインフォルム
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ロシアが「G8」に回帰するには ウクライナ情勢の解決に進展がなければならないと発言した。

19日、マクロン仏大統領がロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領との仏南東部大統領別邸ブレガンソン城塞での記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

マクロン大統領は、「今日、ロシアと欧州連合(EU)の関係は、ウクライナに関する相違により侵されている。2014年以降、この問題は解決されていない。そして、それが、G7がG8に変わるための鍵となるものである」と発言した。

マクロン大統領は、「この問題を解決するためには、圧力を続けることが不可欠だ」と強調した。

同時に、マクロン大統領は、ロシアに対して制裁は科されているが、フランス・ロシアの経済・文化関係は、拡大されているとも発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-