メドヴェチューク氏にウクライナを代表して話す権利はない=大統領府

メドヴェチューク氏にウクライナを代表して話す権利はない=大統領府

ウクルインフォルム
ウクライナ大統領府は、国際社会に対して、野党プラットフォーム・生活党の幹部ヴィクトル・メドヴェチューク氏の行動を通じてウクライナ外政を理解するのは過ちだと警告した。

19日、大統領府がリーガ通信の問い合わせに応じて発表した

大統領府は、「ウクライナ大統領は、メドヴェチューク氏に欧州議会やその他の国際場裏でウクライナの立場を表明する権限を一切与えていない。世界のいかなる場所においても、メドヴェチューク氏はウクライナを代表することはできない。彼が代表できるのは自分自身、もしかしたらそれに加え、同僚と色々な親戚ぐらいである」と発表した。

大統領府はまた、ウクライナ外政に責任を有す政権幹部のみがウクライナの立場を表明できるのだと説明した。

大統領府は、「私たちは、ウクライナの国際パートナーたち皆に対し、ウクライナ外政原則に関するあり得る誤った誘導につき警告する。それは、この人物(編集注:メドヴェチューク氏)の行動により生じる可能性がある」と強調した。

これに先立ち、17日、メドヴェチューク氏がストラスブールにおいて、独自の「ドンバス情勢解決計画」を提示していた。しかし、その計画は、実際にはプーチン露大統領の発言を踏襲しただけのものであった。メドヴェチューク氏は、ウクライナ東部の平和は、「キーウ(キエフ)、ドネツィク、ルハンシク、モスクワの政権」が直接対話をしてのみ解決実現可能だと主張していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-