シェーフィル大統領第一補佐官、独立記念日の軍事パレードを止めた理由を説明

シェーフィル大統領第一補佐官、独立記念日の軍事パレードを止めた理由を説明

ウクルインフォルム
セルヒー・シェーフィル大統領第一補佐官は、軍事パレードはポピュリズムであり、ウクライナには必要ないとの見方を示した。

シェーフィル第一補佐官が左岸通信への19日付インタビューにて発言した

シェーフィル氏は、「私の頭には、2014年の(ドネツィク州)イロヴァイシク包囲戦の記憶がしみついている。その頃、私は、その悲劇がパレードと関連して起きた、何らかの部隊だか兵器だかが前線に適宜に送られなかった、といった軍人の考えを見聞きしていた。そのため、ポピュリズムである軍事パレードは、私は、必要ないと思うのだ」と発言した。

シェーフィル氏は、2014年に抵抗したウクライナ軍と今の軍は、戦闘経験・装備の差が全く異なり、そのためにプーチン露大統領が平和を選択する可能性はあると発言した。また、シェーフィル氏は、反テロ作戦(編集注:統一部隊作戦の意と思われる)の兵士の生活水準がまだ十分ではないとの考えを示した。

また、セルヒー・シェーフィル第一補佐官は、自身の兄弟であるボリス・シェーフィル氏が以前、プーチン露大統領はマニアックではなく、合意のできる人物であると述べたことに対し、セルヒー・シェーフィル氏は、「私にとっては『マニアック』とは、強姦したり、子どもを殺したりする、精神病棟に入れられるような病人のことを指す。その意味では、プーチン氏はマニアックではない。彼は、非常に経験豊富で、よく考えている人物であり、犯罪者であり、侵略者であり、帝国を取り戻したいと思っている人物である。実際はより複雑なのだと思っている」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-