「素敵な数年間だった」パルビー議長、最高会議議員たちに別れのあいさつ

「素敵な数年間だった」パルビー議長、最高会議議員たちに別れのあいさつ

ウクルインフォルム
アンドリー・パルビー最高会議(国会)議長は、第8最高会議の閉会を前に、最高会議たちに別れと感謝のあいさつを行った。

11日、パルビー議長が同日の朝会合、夜会合、臨時会合の終わった後、最高会議前の階段で記念撮影を行った際に、最高会議議員に向かって発言した。この時のやりとりがフェイスブックに掲載されている。

議員たちは皆で集まり、ウクライナ国歌を斉唱。その後、パルビー議長が議員たちにあいさつを行った

「素敵な数年間だった。私たちが実現した本当に素敵な数年だった。時間が経ち、歴史がそれを評価するであろう。しかし、信じられないことばかりであった。思い返せば、私たちは、脱共産主義を採択し、教会法を採択し、言語法を採択し、改革、(EUの)査証免除を採択し…。これらの採択には色々な評価があろうが、144の法律を採択したのだ」と強調した。

議長はまた、第8最高会議の評価は最大限おとしめられようとしており、それにはマスコミも乗っかっていると指摘した。

その上で議長は、「しかし、歴史が私たちの仕事に評価を与えるであろう。私は、今日自らの評価を述べることができる。この5年間、私たちが肩を並べて立ち、戦闘をしながら、新しい軍を作ったのだ。私は、一人一人がウクライナのために闘ったこと、ウクライナの偉大さのため、ウクライナの勝利のために前線で闘っていたことを知っている。私は、本当にあなたたち一人一人のお礼を述べたいのだ。歴史は、高い評価を下すであろうことを、私は深く確信している。私たちは、すべての達成を防衛していくであろう。私たちは、この達成を誰にも壊させはしない。誰にも復讐などさせない」と発言した。

議長は、話をする際、興奮した様子であり、それを聞く議員たちも高揚の様子が見られた。

パルビー議長は、「歴史的な任期であった!一人一人がこのことを一生誇ることであろう」と強調した。

7月12日、第8最高会議は、最後の本会議を迎える。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-