EU裁判所、ヤヌコーヴィチ元大統領及び旧政権幹部への制裁一部解除

EU裁判所、ヤヌコーヴィチ元大統領及び旧政権幹部への制裁一部解除

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)裁判所は、ヤヌコーヴィチ元大統領及び当時の政権幹部等による訴訟を支持し、彼ら自身や彼らの所有基金に対して科されていた2016~18年の期間の制限措置を無効化した。

11日、関連判決がEU裁判所に掲載された。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

今回の判決に関わるのは、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ元大統領、同大統領の息子の一人であるオレクサンドル・ヤヌコーヴィチ、その他当時の政権幹部であるオレクサンドル・クリメンコ、セルヒー・アルブゾウ、ヴィクトル・プションカ、アルテム・プションカ、アンドリー・クリューイェウといった2014年に所有基金凍結の対象リストに加えられた人物。制裁対象に加えられた際の根拠は、これらの人物がウクライナ国内で行われている、国家資金喪失・国外違法持ち出しの刑事捜査の対象であることであった。

今回の発表では、裁判所は、ヤヌコーヴィチ元大統領やその息子に関して2016年3月6日から2018年3月6日まで科されていた制限措置、及び、その他の人物に2018年3月6日から2019年3月6日まで科されていた制限措置の根拠となっていたEU理事会の決定文書を無効化したとのこと。

今回の判決の根拠は、ウクライナ側が、当該人物の法的保護の権利が保証されていることを証明できなかったからだと発表されている。

今回の判決に関して、ウクルインフォルムが外交筋から確認したところ、今回のEU裁判所の決定は、ウクライナの治安機関が当該人物に関して行っている捜査には影響を与えるものではないこと、また、今回のEU裁判所の判決は、2019年3月に延長されることが決定した、12名の旧政権幹部12名に対する制裁は無効化しておらず、この現行制裁は効力を有し続けているとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-