ポーランド外相、東方パートナシップをより高いレベルに引き上げることを提案

ポーランド外相、東方パートナシップをより高いレベルに引き上げることを提案

ウクルインフォルム
ヤツェク・チャプトヴィチ・ポーランド外相は、「東方パートナーシップ」をより高いレベルに引き上げることが大切だと主張した。

11日、チャプトヴィチ外相がジョージアへの訪問時に発言した。ポーランドのRMF.24.plが伝えた

チャプトヴィチ外相は、「私たちは、欧州連合(EU)内で、プロジェクト(編集注:東方パートナーシップ)について全ての国をどのように説得するか、このプロジェクトをより高いレベル、『東方パートナーシップ+』にどのように引き上げるかを考えなければならない」と発言した。

同外相はまた、事務局や交代制の議長職を設置するといった、東方パートナーシップをより機構化する提案があることを指摘した。外相はまた、東方パートナーシップ内に自由貿易圏を創設するのも悪くないアイディアだと発言した。

また、同外相は、東方パートナーシップの参加国6国(ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン)は、将来EUに加盟を申請する権利があると指摘した。

同外相は、「私たちは、これらの国が(EU加盟の)願望を表明したら、それらの国を精神的に支える義務がある」と強調した。

なお、「東方パートナーシップ」とは、ポーランドとスウェーデンが提案したイニシアティブであり、2009年にEUにより開始されたもの。同イニシアティブの目的は、EUと近隣6国(ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン)の政治的・経済的繋がりを深化させることにある。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-