ウクライナ外務省、ロシアによるモルドバの連邦化を看過してはならないと発表

ウクライナ外務省、ロシアによるモルドバの連邦化を看過してはならないと発表

ウクルインフォルム
ウクライナ外務省は、ウクライナは欧州的なモルドバの安定化、民主化に関心があり、解決に必要なサポートをする用意があると発表した。

9日、ウクライナ外務省が声明を公表した

外務省は、「私たちは、モルドバの主要政治勢力に対して、法制度の範囲内で、武力対立を避けるために、政治的対話にて対立を解決するよう呼びかける。同国と地域の治安情勢にとって重要なのは、ロシアによる国家の連邦化のシナリオ実現を促進するための、外からの干渉を看過しないことである」と述べた。

同外務省は、モルドバの政治勢力に対して、法的枠組みでの行動を行い、政治的対話でもって問題を解決するよう呼びかけた。

なお、これに先立ち、6月8日、モルドバ議会は、臨時与党連立の成立を発表。同与党は、社会党と行動連帯党(ACUM)により構成された。

新政権は、議会議長を社会党のジナイダ・グレチャナ社会党党首に、首相をマイヤ・サンドゥ(ACUM)に選出していた。

しかし、憲法裁判所は、6月8日、現議会の採択した全ての決定を違憲とする決定を発表し、フレチャナ議長とサンドゥ首相の任命も違憲とする決定を下した。

6月9日、憲法裁は、イーゴル・ドドン大統領の一時的停職を決定し、大統領代行に民主党のパヴェル・フィリプ副党首を任命。フィリプ大統領代行は、議会解散と9月6日の議会繰り上げ選挙を定める大統領令に署名していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-