コロモイシキー氏、大統領就任式の日、アヴァコウ内務相と会談=報道

コロモイシキー氏、大統領就任式の日、アヴァコウ内務相と会談=報道

ウクルインフォルム
イーホル・コロモイシキー氏が、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領の就任式の日にアルセン・アヴァコウ内務相と会談していたことが報じられた。

23日、ラジオ・スヴォボーダ通信と公共放送「UA第一」の共同プロジェクト番組「スキーム:細部にある汚職」が、特番「コロモイシキーが帰ってきた」にて報じた。

報道には、「ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領就任式の日、5月20日、『スキーム』は、コロモイシキー氏の車列が官庁街を走るのを見かけた。その日、コロモイシキー氏のBMWは、大統領府方面へは向かわず、アヴァコウ大臣のいる内務省方面へ向かっていった。同車は、内務省のそばではなく、同省敷地内に停められた。同車は、2時間以上そこに停まり、その後、敷地から出て車列に加わっていったのである」と伝えられている。

これに対して、内務省広報室は、「スキーム」に対して、5月20日、コロモイシキー氏とアヴァコウ内務相の会談が、コロモイシキー氏のイニシアティブで行われたと伝えた。同時に、会談内容は伝えられなかったとのこと。

また、コロモイシキー氏自身、アヴァコウ内務相との会談を認めた。同氏は、「私は、彼のもとへ行った。私たちは、長らく会っていなかった。あいさつをして、抱き合い、ワインだかコーヒーだかを飲み、別れた。何にも議論していないし、政治についても話していない。世間一般のことを話しただけだ。彼は大臣で、私は一般人であるし、特別に議論することなどない。それに、その日は就任式だった。印象を述べ合った。何らかの合意とか、協議のようなものはなかったということだ」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-