三者コンタクト・グループのウクライナ代表、ゼレンシキー次期大統領チームと面会=最高会議第一副議長

三者コンタクト・グループのウクライナ代表、ゼレンシキー次期大統領チームと面会=最高会議第一副議長

ウクルインフォルム
ゼレンシキー次期大統領チームの専門家たちは、ウクライナ東部情勢平和的解決に取り組む「三者コンタクト・グループ(TCG)」のウクライナ代表者たちと会談を行った。

16日、イリーナ・ヘラシチェンコ最高会議第一副議長(TCG人道問題作業部会元代表)が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

第一副議長は、「私の情報では、次期大統領チームの専門家たちは、三者コンタクト・グループの代表者たちと複数会会談を持った。私はもう一度言いたいのだが、もちろん、私たちは全ての情報を単に渡すだけでなく、私たちは(拘束されている)ウクライナ国民一人一人を解放できるためのあらゆることを行っていこうと思っている」と発言した。

また、ヘラシチェンコ第一副議長は、本日、ポロシェンコ現職大統領に対して、東部情勢平和的解決問題大統領全権とTCG人道問題作業部会代表のポストからの自身の解任を要請する依頼文を書いたと発言した。

同第一副議長は、「私は、この5年間は、あのように難しい問題を扱い続けた非常に重要な期間だったと考えている。心の燃焼もあり、心理的にも非常に困難であった」とし、皆に謝意を伝えるとともに、「今後もウクライナの国益を守るため、一議員とし活動していく」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-