ゼレンシキー次期大統領とルツェンコ検事総長が2時間にわたり会談=報道

ゼレンシキー次期大統領とルツェンコ検事総長が2時間にわたり会談=報道

ウクルインフォルム
5月11日、ユーリー・ルツェンコ検事総長は、ヴォロディーミル・ゼレンシキー次期大統領と会談した。

14日、Bihus.Infoがラリサ・サルハン検事総長報道官から得た情報を報じた

サルハン報道官は、「次期大統領の招待による、検事総長との公式会談だ」と伝えたとのこと。

同報道官は、同会談は、キーウ(キエフ)市内のゼレンシキー次期大統領とスタジオ「95地区」のオフィスにて2時間にわたり行われ、その際話し合われたのは、検事総局を含めた治安機関の活動らしきものに関する内容であったと発言した。

なお、5月13日、キーウ市区行政裁判所広報室は、プリヴァト銀行国有化を違法とする判決に関し、裁判官活動へ政権高官の介入可能性に関し、検事総局が裁判前捜査を開始したことを伝えていた。

とりわけ、裁判官は、ペトロ・ポロシェンコ現職大統領、パウロ・ペトレンコ司法相、ヤキウ・スモーリー中央銀行総裁に関する裁判前捜査の開始を要請していた。

また、裁判官は、裁判所によるプリヴァト銀行国有化の判決に対して、政権高官が4月18日の国家安全保障国防会議(NSDC)会合にてコメントしたことを問題視しており、これらコメントは裁判システムへの脅迫であるとみなすと伝えていた。Bihus.Infoは、プリヴァト銀行国有化を違法とする判決は、大富豪(オリガルヒ)イーホル・コロモイシキー氏の利益となるものであると指摘し、コロモイシキー氏は、同銀行のコントロールを取り戻したいと考えていることを隠していないと報じている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-