ゼレンシキー次期大統領、最高会議が就任式開催日決議を審議しなかったことを批判

ゼレンシキー次期大統領、最高会議が就任式開催日決議を審議しなかったことを批判

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー次期大統領は、最高会議(国会)が14日の本会議にて次期大統領の就任式の開催日を定める決議を審議しなかったことにつき、嘘つきだと批判した。

14日、ゼレンシキー次期大統領が自身のフェイスブック・アカウントにて書き込んだ。

ゼレンシキー次期大統領は、アンドリー・パルビー最高会議議長が5月14日には必ず就任式の日程を定めると発言していたが、同日本会議で決議の審議がなされなかったとし、「小者詐欺師たちが嘘をついた」と批判した。

なお、これまでの報道では、パルビー最高会議議長は、13日、最高会議は今週の会合にて大統領就任式開催日決定決議を審議する予定だと発言していた。その際、議長は、具体的な審議の日程は発言していなかった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-