最高会議前で言語法採択を求める市民による集会が開催

最高会議前で言語法採択を求める市民による集会が開催

ウクルインフォルム
25日、最高会議(国会)建物前にて、「ウクライナ語の国家語としての機能保障」に関する法案採択を求める集会が開催されている。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

集会の運営者は、複数の市民団体であり、法案第5670-dの採択を求めている。

最高会議建物の周りは、国家警察と国家警護隊による警備が強化されている。建物前広場には人が集まり続けており、祈祷式も行われた。集会参加者の中には、「国家軍団党」、「国家部隊」の服装を着た者もおり、自由党(スヴォボーダ)の旗を持つ人々もいる。自由党の人々はテントを1個設置した。

現時点で集会に集まった人は、約1000人。しかし、参加者は徐々に増え続けている。

この集会では、ウクライナのミュージシャンによるコンサートや、法案作成グループによるスピーチが予定されている。情勢は平穏。演説を行う人々は、なぜこの法案が採択されなければならないかを説明している。セルヒー・クヴィート元教育相も演説を行い、今回の投票は始めての試みではないこと、また集会参加者に対し、政党の旗を取り下げ、ウクライナ国旗を掲げるように呼びかけた。

なお、本日、最高会議議場内では、このいわゆる「言語法」の第二読解投票に向けた修正審議が終了。アンドリー・パルビー最高会議議長は、同法案は重要であり、民主的に採択すべきであると強調した。

最高会議は、同法案を2018年10月4日に第一読解で採択している。その後、2月28日に第二読解投票に向けた審議が始まり、計2000以上の修正が審議された。

最高会議は、本日同法案を投票にかける予定。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-