ゼレンシキー大統領候補、マクロン仏大統領と会談

ゼレンシキー大統領候補、マクロン仏大統領と会談

ウクルインフォルム
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ウクライナ大統領選挙の決選投票に進んでいるヴォロディーミル・ゼレンシキー候補と会談した。

12日、RFIが報じた。

報道には、「会談は、午後3時に始まり、30分未満で終わったはずである。なぜなら、マクロン仏大統領は、午後3時半から大使へ信任状を渡す予定が入っていたからである」と書かれている。

ゼレンシキー選対本部のフェイスブックアカウントには、会談時の動画が掲載されている。

またこの会談後、ゼレンシキー候補は、ラジオ・スヴォボーダ通信に対して、会談時の印象を述べた。

ゼレンシキー候補は、「非常に素敵で、温かな雰囲気で、非常に建設的な会談だった。私は、目の前に、真の統一欧州のリーダーを見た。私たちは、ウクライナ社会、ウクライナ全体にとっての最も重要な問題について協議した。生活、主要なこと、ドンバスの戦争停止について話した」と発言した。

また、この後、マクロン仏大統領は、ポロシェンコ大統領とも会談をしている。

フランスのマスメディアは、この二つの会談につき、「(仏宇)関係の状況」と「ドンバス地方紛争の解決の展望」を評価するためだと報じている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-