クリミア占領5年経過 情報政策省、キーウ市内に公共広告掲示

クリミア占領5年経過 情報政策省、キーウ市内に公共広告掲示

ウクルインフォルム
情報政策省の支援により、キーウ(キエフ)市内にロシアによるクリミア占領を喚起する公共広告が登場した。

4日、エミネ・ジャパロヴァ情報政策第一次官が自身のフェイスブック・アカウントにて報告した。

ジャパロヴァ第一次官は、「クリミア抵抗(占領)5年経過に合わせたコミュニケーション・キャンペーンが行われている。私たちは、素敵なイニシアティブであり、アジアからヨーロッパまでの10数か国に広がり、世界的な運動となっている『#liberatecrimea(クリミア解放)』をサポートすることを決めた。これは、クリミア解放を目的とする市民連帯運動であり、占領がクリミアのウクライナ国民にもたらしている被害を様々なイラストで表すものである」と説明した。

ジャパロヴァ第一次官は、情報政策省はエストニア人権研究所とともに「クリミア・タタール人パブリック外交戦略」を作成しており、今回の#liberatecrimeaはその活動の延長線にあるものであると指摘した。

これら公共広告には「私たちのクリミア」「クリミアは自由になる!」「ロシアの占領を止める」「占領の5年間」「ロシアは占領国!」「抵抗の5年間」といったコピーとともにクリミア占領や解放を表すイラストが描かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-