内閣、スプルン保健相代行が一部大臣権限を執行できるようにする閣議を採択

内閣、スプルン保健相代行が一部大臣権限を執行できるようにする閣議を採択

ウクルインフォルム
閣僚会議(内閣)は、ウリャーナ・スプルン氏が保健大臣の権限の一部を執行できるようにする閣議を採択した。

13日、保健省がフェイスブック公式アカウントで発表した。

発表には、「閣僚会議は、保健省の業務を停滞させないよう、2月13日、ウリャーナ・スプルン保健相代行が保健大臣権限を執行できるようにする閣議を採択した。この執行権限は、2003年7月17日付『一時的大臣不在の際の権限執行手続き』閣僚会議決議が定める、大臣限定のもの以外の権限が該当する」と書かれている。

また、「本閣議により、保健省業務における最も重要な問題の停滞が取り除かれる。今回の閣僚会議の例外的行為は、キーウ(キエフ)市区行政裁判所の決定により保健省の業務が妨害されたことに対する回答である」と説明された。

とりわけ、今回の決議により、スプルン保健相代行による、医薬品やワクチンの地方への配分を可能とする文書等への署名を可能とするものであることが強調されている他、44名のウクライナ国民の海外での治療、児童病院の建設継続、医療器材の調達等、緊急の決定を必要とする問題に関わるとのこと。

本件は、2月5日に判明した、キーウ市区行政裁判所がスプルン保健相代行の大臣代行権限の執行を禁止する判決を下したことに端を発する。これに対し、ウクライナ内閣は5日中に、同判決に関し、控訴するとして全閣僚声明を発出していた。11日以降、キーウ市区行政裁判所では、閣僚会議(内閣)が提出したウリャーナ・スプルン保健相代行に対する大臣権限執行禁止の判決無効化を求める要請の審議が開始されているが、現在まで新たな判決は下されていない。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-