OSCE/ODIHR、露監視員の選挙監視参加を禁止するウクライナの決定に遺憾を表明

OSCE/ODIHR、露監視員の選挙監視参加を禁止するウクライナの決定に遺憾を表明

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構民主制度・人権事務所(OSCE/ODIHR)は、ウクライナ政権が、ロシア国民がODIHRの下でウクライナ大統領選挙への監視に参加することを禁止する決定を採択したことにつき、遺憾の意を表明した。

8日、ドイツのDW通信が報じた。

ギスラドッティルODIHR総裁は、「ある国の国民の認証を拒否するという決定は前例がなく、OSCE加盟国としての、OSCE内の監視参加を希望する全ての加盟国からの監視員を招待するという義務にも反している」と指摘した。

同総裁は、選挙監視に参加する監視委員は自国ではなくOSCE全体を代表しており、ODIHRの選挙監視の手法を遵守する義務があり、中立を維持し、選挙プロセスに一切介入できないなどの厳しい行動規範が科されていると説明した。

ODIHRからウクライナ外務省への書簡には、7日に最高会議が採択したこの禁止に対する「深い落胆」が表明されていると指摘された。

これまでの報道にあるように、7日、最高会議は、侵略国・占領国の国民がウクライナの選挙への公式な監視員となることを禁止する改正を選挙法に加えていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-