G7大使ウクライナ・サポート・グループ、2019年の重要改革を指摘

G7大使ウクライナ・サポート・グループ、2019年の重要改革を指摘

ウクルインフォルム
G7大使ウクライナ・サポート・グループは、フランスG7議長国の2019年を通じて、ウクライナのどの重要改革を支援していくかを発表した。

29日、G7大使サポート・グループがツイッター上のアカウントで発表した。

ツイートには、「G7大使ウクライナ・サポート・グループは、2015年以降ウクライナで実現された改革進展を認識しており、更なる進展のための努力を続けていく。フランスがG7議長国となる2019年を通じて、サポート・グループが支援していく重要改革を定めた」と書かれている。

大使たちが定めた重要改革には、反汚職裁判所の設置、検事総局改革、ウクライナ国家安全保障法の履行、保安庁の近代化、非中央集権化、教育改革などが含まれている。

なお、「G7大使ウクライナ・サポート・グループ」は、2015年のドイツ・エルマウ・サミットの後に創設されたものであり、その目的は、共同で助言をしたり、政権をサポートすることでウクライナの諸改革を進めることにある。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-