マルチューク三者コンタクト・グループ宇代表、ルカシェンコ・ベラルーシ大統領と会談

マルチューク三者コンタクト・グループ宇代表、ルカシェンコ・ベラルーシ大統領と会談

ウクルインフォルム
ベラルーシのルカシェンコ大統領は、ドンバス地方情勢を協議する三者コンタクト・グループ(TCG)のウクライナ代表であるイェウヘン・マルチューク元ウクライナ首相と会談した。

29日、ベラルーシの国営ベルタ通信が報じた。

報道には、「アレクサンドル・ルカシェンコ・ベラルーシ大統領は、本日、ドネツィク・ルハンシク両州情勢平和的解決三者コンタクト・グループ・ウクライナ代表のイェウヘン・マルチューク氏と会談した」とある。

また、会談では、ベラルーシ・ウクライナ関係の様々な議題が議論され、貿易・経済協力の拡大にも言及された。

ルカシェンコ大統領は、両国の貿易総額は過去最高額は80億ドルだったが、現在は55億程度まで落ち込んでおり、両国は更なる貿易の拡大を目指すことができると発言した。

報道では、マルチューク代表は、ルカシェンコ大統領にポロシェンコ大統領からのあいさつを伝えたと書かれている。とりわけ、同代表は、「私は、昨日、大統領と面会した。大統領は、ウクライナ・ベラルーシ協力関係の発展速度に満足していることを伝えるよう私に依頼した」と発言した。

また、マルチューク代表がウクライナではルカシェンコ大統領は人気があり、ベラルーシや同大統領に対して良い印象が持たれていることを伝えたと報じられた。

写真:ベルタ通信


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-