クリミアにて、クリミア・タタール人大隊に参加した「罪」で、男性に10年半の懲役刑「判決」

クリミアにて、クリミア・タタール人大隊に参加した「罪」で、男性に10年半の懲役刑「判決」

ウクルインフォルム
ロシアに占領されているクリミアの「裁判所」は、24歳の男性フェウジ・サハンジ氏に対し、「チェレビジハン記念クリミア・タタール志願兵大隊」に参加したとして、10年半の「懲役刑」を言い渡した。

25日、ラジオ・リバティー通信のプロジェクト「クリミアの真実」が伝えた。

報道には、「レーニン地区裁判所は、フェウジ・サハンジの罪を認めるとともに、懲役10年6か月の実刑を定めた」と書かれている。

このロシア占領下クリミアの「裁判所」は、サハンジ氏が「ウクライナ領にて違法武装集団の活動に参加した」ことを「有罪」としている。捜査側は、クリミア在住のサハンジ氏が、2016年1月に「チェレビジハン記念クリミア・タタール志願兵大隊」に加わったと説明した。

判決は、2019年1月23日付となっているとのこと。

報道には、ロシア連邦保安庁(FSB)が、フェウジ・サハンジ氏が2016年1月から2017年9月まで、この「違法武装集団」のメンバーとなり、大隊創設を支持し、クリミア封鎖、クリミア半島のウクライナへの回帰を巡る、武力使用を含む闘いに加わる等の、大隊の活動に積極的に参加し、銃使用や爆発物扱いの訓練を受けたと主張したと書かれている。

また、FSBは、サハンジ氏は2017年9月にクリミアへ戻り、2018年4月にFSBが同氏を拘束、刑事捜査が開始されたと説明したとのこと。

なお、2018年11月時点で、弁護士のイスリャム・ヴェリリャイェフ氏が、今後同様に「違法武装集団」参加による刑事捜査の頻度が高まるおそれがあると発言していた。

また、サハンジ氏の捜査以外にも、2019年1月23日にも同様に、この「クリミア・タタール大隊」に関係する家宅捜索が複数行われており、クリミア・タタール人のエデム・カディロウ氏が拘束、2か月間の逮捕の判決が出ている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-