ポロシェンコ大統領、メルケル独首相とアゾフ海情勢やロシアの選挙介入問題を協議

ポロシェンコ大統領、メルケル独首相とアゾフ海情勢やロシアの選挙介入問題を協議

ウクルインフォルム
ポロシェンコ大統領は、ドイツのメルケル首相とダボスで開催される世界経済フォーラムにて会談し、アゾフ海情勢やロシアによるウクライナ大統領選挙介入問題を協議した。

23日、ウクライナ大統領府広報室が公表した。

発表には、「世界経済フォーラムへ参加した際、ポロシェンコ大統領は、メルケル独首相と会談した。両者は、ウクライナの大統領選挙へのロシアの介入を防ぐための意見交換を行った」と書かれている。

また、ポロシェンコ大統領は、メルケル首相に対して、黒海・アゾフ海海上でのロシアによる情勢激化のリスクをドイツが最小化し、地域の航海の自由を確保しようとしていること、またロシアに拘束されたウクライナ海軍軍人を解放するためにドイツが努力していることにつき、謝意を伝えた。

また2019年1月1日からドイツが国連安全保障理事会の非常任理事国に就任したことについて、ポロシェンコ大統領からメルケル首相へ歓迎のメッセージが伝えられた。また、国連の文脈では、ポロシェンコ大統領は、ミンスク諸合意履行を促す、国連平和ミッションのドンバス地方への展開が重要であると改めて強調した。

メルケル首相は、ウクライナが改革を履行し続けることが重要であると指摘した。

また、両首脳は、欧州連合(EU)のエネルギー安全保障におけるリスクについても協議したとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-