ウクライナは、2027年にEU加盟の展望を得られるかもしれない:リトアニア元首相

ウクライナは、2027年にEU加盟の展望を得られるかもしれない:リトアニア元首相

ウクルインフォルム
リトアニアとポーランドは、欧州連合(EU)内にて、ウクライナが2027年にEU加盟展望を得るべく、戦略的に行動していく。

アンドリュス・クビリュス・リトアニア元首相(1999~2000年、2008~2012年)が、ストラスブールにて、ウクルインフォルム特派員に対するインタビューの中で答えた。なお、クビリュス同元首相は、欧州評議会事務局長職の候補者である。

クビリュス元首相は、「私たちは、現在あるマーシャル・プランに、新たな内容を加えた。それは、『ウクライナ2027』と名付けられたものである。この計画は、非常に明確な内容が書かれている。2027年、それは、リトアニアがもう一度EUの議長国となる年である。そして、その前の2025年には、ポーランドが議長国となる。現在、私たちは、ポーランド側と戦略的連携を生み出すことが不可欠であると議論しているところである。つまり、両国とも、自らの議長国の年に、ウクライナを欧州共同体にさらに取り込むという、非常に具体的な決定をEUに下させるべく、野心的な問題を提起する可能性があるのである」と発言した。

クビリュス元首相は、それはウクライナにEU加盟の展望を与えることである、と説明した。

同元首相は、「私たちは、この実現のために努力していく。しかしながら、それは、ウクライナ自身が2025~2027年までに、自らの宿題を履行した場合に限る。可能性は存在する」と述べた。

なお、いわゆる「ウクライナのためのマーシャル・プラン」とは、クビリュス元首相が考案者・作成者であり、ウクライナに多くの外国投資を誘致し、インフラ・プロジェクトや欧州的改革の実現を目指す内容となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-