ティモシェンコ、ヴィルクル、リョーヴォチキン…市民団体が1月に議会での投票に参加しなかった議員を発表

ティモシェンコ、ヴィルクル、リョーヴォチキン…市民団体が1月に議会での投票に参加しなかった議員を発表

ウクルインフォルム
1月、複数の最高会議(国会)議員が、議会での投票にほとんど参加していない。

21日、市民団体「ウクライナ有権者委員会」が発表した。

発表において、オレクシー・コーシェリ同団体代表は、「通常、1月は、最高会議において最も生産性の低い月である。なぜなら、1月中、政治家は、非公式の休みを取り続けており、最高会議に現れないからである。しかしながら、今年の1月に議員の活動生産性が特に低いのは、選挙期間の開始と関連している。一部の政治家が、選挙区や選挙本部での活動に集中しており、最高会議の本会議を欠席している。概して、ウクライナでは、選挙期間中、議会の機能が実質的に麻痺することが常態化してしまっている」と説明している。

発表によれば、39名の最高会議議員が、今月、一度も投票に参加しておらず、これは第9会期(9月~1月の秋会期)中の最悪の数字であるとのこと(昨年12月は、19名の議員が一度も投票せず。11月は7名、10月は14名、9月は11名)。

また、同団体は、1月に一度も投票しなかった議員を全て列挙している。また、90%以上投票に参加しなかった議員は、81名に上るとし、その中にはユリヤ・ティモシェンコ祖国党党首(投票参加率4%)、ネストル・シュフリチ議員(同6%)、オレクサンドル・ヴィルクル野党ブロック党共同代表(同8%)、セルヒー・リョーヴォチキン(野党プラットフォーム・生活のため参加)(同8%)の名前が挙げられた。

なお、1月には、本会議が5回開催され、投票は98回行われた。パルビー最高会議議長は、第9会期(秋会期)は1月25日に終了し、第10会期(春会期)は2月5日に開始すると発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-