露モスクワ市裁判所、ウクライナ海軍軍人20名の逮捕期間を4月24日まで延長

露モスクワ市裁判所、ウクライナ海軍軍人20名の逮捕期間を4月24日まで延長

ウクルインフォルム
15日、ロシアのモスクワ市レフォルトヴォ裁判所は、同国治安機関がケルチ海峡近海で拘束したウクライナ海軍軍人24名のうち20名の逮捕期間を4月24日まで延長する判決を下した。

同日、MBKメディア及び「ロシアの憲法上自由遵守市民監視団結グループ(OGON)」が伝えた。

MBKによれば、同裁判所は、まず8名、その後4名の海軍軍人の逮捕期間を延長。裁判は、非公開で行われた。弁護士団は、本件裁判は軍事裁判所で行われるべきだと主張するも却下された。

また、OGONは、その後さらに8名の逮捕期間が延長されたと伝えた。

これにより、同日、同裁判所は、拘束されている24名のウクライナ海軍軍人のうち20名の逮捕期間を延長したことになる。

本件は、昨年11月25日、ロシアがクリミアに接するケルチ海峡近海にて、ウクライナ海軍の艦船を砲撃し、だ捕し、乗船していた24名の海軍軍人と保安庁職員を拘束したことから始まる。これまで、被占領地クリミアにおけるロシアがコントロールする「裁判所」がこれら24名全てを2か月間逮捕する判決を下していた。

現在、21名はモスクワ市内の拘置所「レフォルトヴォ」にて拘束、3名は「マトロスカヤ・チシナ」で拘束されている。この24名全員が、ジュネーブ条約にのっとり、自らを捕虜であると宣言している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-