3政党がフリツェンコ大統領選候補への支持を表明

3政党がフリツェンコ大統領選候補への支持を表明

ウクルインフォルム
11日に国民の立場党が大統領選候補へ推薦した同党党首のアナトリー・フリツェンコ氏に対し、波党(フヴィーリャ)、出身国党(リードナ・クライーナ)、ウクライナ欧州党が同候補への支持を表明した。

同日、民主主義勢力フォーラムにて、各勢力が発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

これら3政党の代表である、ヴィクトル・チュマーク(波党)、ミコラ・トメンコ(出身国党)、ミコラ・カテリンチューク(ウクライナ欧州党)は、同党党員は各党大会にて、アナトリー・フリツェンコ候補を団結した民主的野党勢力からの大統領選候補として支持する決定を下したと発表した。

この3政党の他、タラス・ステツィキウ政治活動家、イェホール・フィルソウ・オルタナティブ党党首、全ウクライナ国内避難民連合と全ウクライナ反テロ作戦参加者同盟も支持を表明した。

また、同日のフォーラムには、オレクサンドル・ダニリューク元財務相、最高会議ブロック・ペトロ・ポロシェンコ党(BPP党)会派議員であり、超党派グループ「ユーロ・オプティミスト」のメンバーであるムスタファ・ナイイェム議員、セルヒー・レシチェンコ議員、スヴィトラーナ・ザリシチューク議員、人力党(シーラ・リュデイ)のオレクサンドル・ソロンタイ党首、市民団体「汚職対策センター」のヴィタリー・シャブーニン代表が出席していた。

フリツェンコ氏自身は、12日に中央選挙管理委員会に出馬登録申請をしに行くと述べた。

これまでの報道にあるように、11日、国民の立場党党員は、党大会にて、フリツェンコ同党党首を大統領選挙候補に推薦した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-