クリムキン外相、ウクライナのEUとNATOへの加盟展望を説明

クリムキン外相、ウクライナのEUとNATOへの加盟展望を説明

33
ウクルインフォルム
ウクライナの欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)への加盟は、中期的に可能な展望である。加盟を1、2年で実現するという選挙公約や、30年はかかるという予想は信じるべきでない。

8日、クリムキン外相が1+1局の番組「1+1と朝ごはん」にて発言した。

外相は、「EUとNATOへの加盟は、中期展望の話である。誰かが、『1、2年で加盟する』などと言ったとしても、決して信じてはならない。全くの嘘であり、その人物は人々をだまそうとしている。また、誰かが『加盟には最低でも30年はかかる』という場合にも、信じてはならない。これまでの経験上、全くそうではないことが示されている」と述べた。

外相は、ウクライナのNATO加盟には、NATO内部のコンセンサスに加えて、ウクライナ国内でもしなければならないことがあると述べ、「私たち自身の準備ができていないのである。私たちはそのことを正直に言わなければならない」と説明した。

EU加盟に関して、外相は、私たちが真剣に仕事をし、変化を起こしたら、EU加盟は可能となると強調し、「現在ウクライナは改革を行っているところであり、EU加盟が、1年後、2年後、5年後に実現するということはない」と指摘した。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-