ウクライナ、引き続きロシアの情報攻撃の主要な対象:EUの露発偽情報対策機関発表

ウクライナ、引き続きロシアの情報攻撃の主要な対象:EUの露発偽情報対策機関発表

ウクルインフォルム
ウクライナは、ロシアが自国とウクライナの視聴者を対象に行っている偽情報攻撃の対象であり続けている。

7日、EU対外行動庁の創設した戦略的コミュニケーション作戦グループ「East Stratcom Task Force」の運営するプロジェクト「EUvs偽情報」が記事「ウクライナが攻撃の的となっている」を発表した。

記事には、「ロシアとウクライナの紛争開始から5年たっても、ロシアは、ウクライナに対して情報を武器として集中的に利用する状況が続いている」とし、親クレムリン・メディアは、ウクライナに関する偽情報を発信することが最も多いと書かれている。

また、記事には、2018年はウクライナが最もひんぱんにロシアの情報攻撃を受けたとし、EUvs偽情報が登録した1000以上のロシア発偽情報の中、461がウクライナに関するものであったことを喚起した。

また、ロシアの独立メディア「The Insider」の情報も紹介されており、同メディアが発表した212のフェイク・ニュース(偽ニュース)レポートのうち、60がウクライナに関するものであったとのこと。とりわけ、これら偽情報は、ウクライナの債務、軍、大統領に関係するものであったと伝えられた。

ウクライナのキーウ(キエフ)発のフェイク・ニュース対策団体「StopFake(ストップ・フェイク)」も紹介されている。この団体は、2018年に反ウクライナ的内容のロシア発偽情報のうち、最も拡散されたもののトップ10のランキングを発表した。その中には、ウクライナの子どもたちがナチス・ドイツのヒトラーの格好をした人形で遊ぶように強制させられている、とか、ウクライナの大学生はロシアで暮らす親族と無理やり縁を切らされている、とか、ウクライナ正教会は「キリスト教版『イスラム国(IS)』となった」などの偽報道が拡散されたことが指摘された。

また、「EUvs偽情報」は、このロシアのフェイク・ニュースは、ロシアやウクライナ、西側を含む第三国の住民を対象としていると指摘する。

ロシア国内向けの偽情報は、如何にウクライナ人が非人道的であるかを伝えたり、ウクライナ政権の行動を「20世紀のナチズムの継承国」と紹介したりする内容が喧伝されているとのこと。そして、その戦略の目的は、ウクライナに対する軍事侵略を「受け入れやすくする」ことが目的であると指摘されている。

同時に、同記事には、同様の内容の偽情報をウクライナに発信しても、ウクライナ国民は信じていないと書かれている。他方で、このような偽情報は、ウクライナ国民の自国の軍事力に対する信頼を失わせる等の影響はあるかもしれないと指摘された。例えば、ロシアのテレビ番組では、ウクライナは最近のアゾフ海での事件で自国海軍の艦船の3分の1を失ったと報じたが、これは事実に反している。

記事によれば、西側諸国やその他の諸国の視聴者も、同様にロシアのプロパガンダの対象となっているとのことで、ロシア・ウクライナ間の紛争において、ウクライナの方にこそ「罪がある」と思わせようとする内容の偽情報が発信されていると指摘されている。その目的は、ロシアがウクライナに対して行っていることの責任に疑問を抱かせることであり、例えば、最近のアゾフ海での対立激化や、マレーシア航空機MH17撃墜事件におけるロシアの役割に対して疑念を抱かせることにあるという。

ロシアの偽情報は、また2013~14年の「ユーロマイダン」運動を否定する偽情報も含んでいる。その目的は、「ウクライナは失敗国家である」との思わせることにあるとのこと。「EUvs偽情報」は、わかりやすい例として、ロシアのプロパガンダ・メディアが、ウクライナを非難する人物の取材をし、同人物は自身を「落胆したウクライナ人」を演じるが、実際にはベラルーシの俳優であったことが判明していると伝えた。

記事には、「このような報道は、ウクライナで起きているような変革を潜在的に欲しうるロシア国内の視聴者や、ウクライナで起きていることに刺激を受けうるロシアと接する隣国の視聴者を対象にしている」と指摘されている。

また、同記事には、記事のまとめとして、、偽情報発信者が「ウクライナは本当の国家ではない」、「ロシア人とウクライナ人は一つの民族である」といったメッセージを西側諸国の視聴者に信じさせようとしていることを指摘している。ロシアのこのような偽情報拡散は、西側社会とウクライナの連帯の感情を破壊させ、ウクライナが西側諸国から受け取っているサポートを止めることを目的にしているとのこと。ロシアの偽情報発信者は、ウクライナの西側パートナー国が遅かれ早かれウクライナをロシアの「影響圏」として認めることを夢見ているのだろうと指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-