ウクライナ、露のウクライナ海軍軍人拘束に関して、欧州人権裁判所に提訴

ウクライナ、露のウクライナ海軍軍人拘束に関して、欧州人権裁判所に提訴

32
ウクルインフォルム
ウクライナは、ロシアがウクライナ海軍軍人に対する人権侵害に関し、欧州人権裁判所に提訴した。

8日、司法省がフェイスブック上で発表した。

ウクライナ政府は、提訴において、2018年11月25日にケルチ海峡においてロシアがウクライナ船舶を攻撃し、ウクライナ海軍軍人を負傷させた上、拘束、その後、ロシアがウクライナ海軍軍人24名を違法に勾留し続けていることにつき、欧州人権裁判所がロシアの行為をこれら24名に対する人権侵害であると認めることを求めている。

また発表には、ウクライナ政府が、本件が欧州人権条約の2条、3条、5条、6条、38条への違反であるとみなしていることが指摘された。

これまでの報道にあるように、昨年11月25日、ロシア連邦の国境警備船がケルチ海峡を通行しようとしていたウクライナ軍の艦船を攻撃し、24名のウクライナ海軍軍人を拘束していた。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-