ポーランド外相、国連事務総長ウクライナ問題特使を任命するよう提案

ポーランド外相、国連事務総長ウクライナ問題特使を任命するよう提案

26
ウクルインフォルム
ポーランドのチャプトーヴィチ外相は、国連事務総長ウクライナ問題特使を任命するよう提案している。

同外相が、ドイツのハンデルスブラット紙へのインタビューで述べた。

チャプトーヴィチ外相は、ウクライナ問題に関する発言の中で、「私は、国連事務総長ウクライナ問題特使を任命することを提案している」と述べた。

加えて、同外相は、ウクライナ問題の協議を行うノルマンディー・フォーマット(ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアが参加)には、欧州連合(EU)とアメリカが加わらなければならないと確信しているとし、「ドイツとフランスは、自身が欧州を代表していると考えているかもしれないが、しかし、実は違う。私たちを代表できるのは、欧州の諸機構、現時点では最高代表機関(編集注:EU)だけであり、個別の国は代表できない」と強調した。

なお、ポーランド政府の代表者は、これまでにもノルマンディー・フォーマットの非効率性を繰り返し指摘しており、EUとアメリカの参加を提案してきている。

また、ポーランドは、2018~2019年、国連安保理非常任理事国。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-